2月18日 湘南シクロクロス

今季六戦目のシクロクロス、湘南シクロ第三戦。


朝六時、大磯の実家にて起床。
珍しく夜中に目が覚めたりもしたが、六時間弱は寝たか。

朝飯食って、6:45出発。
7時半に会場着。

すぐに準備してコースの試走をする。
前回の湘南シクロと同じ会場なので、コースも同じかと思っていたが、大きく違っていた。

乗車率は前回と変わらず。
バイクを降りるのは土手の階段を登るときと、シケインを越える時のみ。
バイクを担いでランニングするような箇所はない。
要はあまり得意なタイプのコースではないということ。

今回のコースで難しいのは、土手の斜面での右Uターンと、あとは苦手なスラローム
右Uターンだと、右側に車体を傾けるため、滑ったら右足をペダルから外さないといけない。信号待ち等で外すのはいつも左足だから、必然的に右足を外すほうが苦手。右足はパッと外せないんだよな…。
スラロームは練習もしてないので下手なまま。


レース前にローラーでアップしていると、
膝が少々痛む。
先週辺りからローラーしていると膝が痛む。
膝痛は毎冬のことなのだが、今年はこれまで痛まず好調だった。
しかし一番寒いこの時期はやはりダメなよう。
レース前に無理して痛めてもバカなので、アップは早々に終了した。



レーススタートは10:30。
前回昇格して今回がC3初レースだったため、一番後ろからのスタート。

f:id:yuujinn3:20180220000140j:plain

最後尾スタートは慣れているからとなめていたが、C3のそれはC4とは違っていた。
スタートダッシュで全く抜くことができなかった。
C4で三位以内に入って昇格した人しかいないのだから、当然皆早いわな。

スタート30秒後くらいの砂利区間で前で落車発生。直線区間だったため速度は30キロ近くは出ていただろう。
落車回避のためにコースアウトしたが、ほぼ速度を落とすことなく、落車に巻き込まれずに済んだ。いくらシクロがロードレースに比べ安全とはいえ、砂利の落車は痛そうだ…。

f:id:yuujinn3:20180220000257j:plain

落車は回避できたが、前との差は開いてしまった。
ロードレースだと、空気抵抗に対する集団効果が大きいため、中切れした場合は全力を尽くしてでも前を追ったほうが良い。
しかしシクロは速度域が低いため空気抵抗などほぼ関係ないと言えるため、安定したペースで淡々と走ったほうが最終的には早い。
ということで、前を無理に追うことはせず、淡々と走る。

淡々と走っているつもりではあったが、内心は焦っていたようで、芝のコーナーで後輪を滑らせてしまい落車。右腿を地面に強打した。6〜7人に抜かれてしまう。痛みはさほど無く、すぐにバイクを起こしてレース復帰する。

f:id:yuujinn3:20180220000401j:plain

この時点で、おそらく25位前後であったと思う。

そこから先は直線区間で距離を詰め、苦手なスラロームで距離を離され、の繰り返し。
抜くポイントとしては直線区間か、シケイン直後のコーナーでバイクを相手の鼻先にツッコミ強引に抜くかのどちらか。
レースの最初以外は抜かれることはなかった。

四周回こなし、最終的に17位でゴール。




初C3のレースの感想として
C4のレースと比べれば、当然ながら明らかにレベルが高かった。
一番それを感じたのはスタートダッシュだった。
C4の時のように、スタートダッシュで一気に集団の前方に上がる、等はできなかった。

しかしスラローム等のテクニックにおいては、あまり大差ないと感じた。
C4とC3の違いは、主に体力の差だろう。

C3を走ってみて、今後自分がC2に上がれるかというと、絶望するほどC2が遠いとは思わない。
今回のレースで先頭との周回タイム差は約10秒。
前を塞ぐような選手がいなく、あともう少しスラロームが上達すれば、届かないタイム差ではないと思う。


今シーズンのシクロクロスも、残すは再来週の千葉シクロのみとなってしまった。
早いもんだ。

千葉シクロで3以内に入り昇格することはまあまず不可能だろう。
しかし来シーズンに希望を残す意味で、10位以内でゴールしたい。

いや、ちょっと弱気になってきたから、
やっぱ15位にしよ。
15位目指します。

2月17日 明日は湘南シクロ

明日は湘南シクロ。

先週のシクロクロス東京にてC3に昇格できたので、
朝イチのレースを回避できて、朝ゆっくり行けるわ!!
と喜んでいたがしかし。

試走は朝イチなわけで。

レースにもよるが、C2にならないと朝イチ試走からは逃れられそうにない。



明日の湘南シクロがC3初レースとなる。
スタートリストを見ると、前回の湘南シクロやシクロクロス東京で競い合った方々の名前が散見される。

f:id:yuujinn3:20180217173703p:plain

C2にはそう簡単には上がれそうもないが、
とりあえず頑張ろう。

2月10日 シクロクロス東京-2

自分のレースのあとは兄のC1のレースまで暇。

なので軽く腹ごしらえしに近くのパン屋へ行く。

f:id:yuujinn3:20180213201038j:plain

店内でパンを温めて食べられるよう、
話題のバルミューダが置いてあった。
人生初バルミューダ

兄のパンにご注目。

f:id:yuujinn3:20180213201339j:plain

兄の人生初バルミューダは失敗に終わったようであった。
てか焼くの下手すぎだろ。



会場に戻って、ケイトさんの応援したり。


で、兄のレース。
3位以内に入れば翌日のメインレースの出場権が手に入るということで、気合十分の兄。

f:id:yuujinn3:20180213202033j:plain

序盤は調子良く3番手あたりを走る兄。

f:id:yuujinn3:20180213202122j:plain

f:id:yuujinn3:20180213202157j:plain

しかし得意のランに頼りすぎたせいか、
途中からペースが落ちる。

ずるずると順位を下げ、最終的に15位くらいになってしまったか。

兄貴よ、お疲れ様でした。

f:id:yuujinn3:20180213202217j:plain

次のレースは今週末の湘南シクロ最終戦
初めてのC3レースと、兄貴と組んでのエンデューロ
兄弟で表彰台に乗りたい。

2月10日 シクロクロス東京

シクロクロス東京

シクロクロスの国内レースの中で
最も知名度が高いレースではないだろうか。

今年が最後の開催となる可能性が高いらしいので
ならば出ておこうかとエントリー。
このレースはエントリー峠がきついことでシクロクロッサーの中では有名で、正午に始まったエントリーは小一時間で定員に達したらしい。



というわけで、今季5戦目のシクロクロス

発表されたスタートリストを確認すると組分けはC4A、ゼッケンは二番で一列目スタートだ。

C4Aのレースは8:40スタートなので、
東京テレポート6時半着の電車で会場に向かう。
駅に着くとちょうど夜が明けるとこだった。

f:id:yuujinn3:20180211124027j:plain

会場着は6:45 。まだまだ設営中で、選手はほとんど見当たらなかった。早く来すぎたか。

f:id:yuujinn3:20180211124240j:plain

車で来た兄と合流し、試走時間までコース脇の芝生でローラーして過ごす。

試走は8:05〜。
午前中にレースがある面々が一斉に試走するため、コースは大渋滞。自分のレースが8:40〜の関係もあり、結果一周しか走れず…。

とりあえず一周の試走を終え、招集場所に向かうと、ちょうどコールが始まるのが見えた。
2番が呼ばれたのでちょっと離れたところから返事をするも声が届かず。
6番が呼ばれたときに招集場所に着き、2番ですと伝えると、間に合わなかった選手は最後尾スタートとな…。
まじか、このレースは途中で入れて貰えないのか…。

シクロのレースでまともに招集に間に合ったことがない。
最後尾スタートが決定し、上位を狙うのがかなり困難になってしまった。
まあそれでも入賞を目指して走ろうと。


8:40レーススタート。
スタートは完璧。クリートも一発ではまり、スタートダッシュで人をかき分け、コース脇の砂地を走り、一気に30人くらい抜けた。
その先の短い砂地区間で落車があったようで数人が転げてる脇をランで抜けて、砂地抜ける頃には20位くらいまで浮上。
その後の林区間で10人抜いて10位。
長い砂浜ランで6人抜いて4位。

こんなにトントンと前に上がれるとは。
朝からお腹下していたが、案外調子が良いのかもしれない。

2周目に入った時点では3位だった。
よく覚えていないが、確か長い砂浜区間で追い抜き
3周目に入るとこでは一位通過した。

このまま優勝できちゃうんじゃないのと調子に乗るも、そうは行かず。

コース序盤の林区間で追い抜かれると、そこから徐々に離される。
前は離れて行くも、後ろはすぐ後ろにいる。
ここで前を追うために無理して足を使って、結果的に三位以内入賞を逃すよりは、堅実に三位以内に入り、C3に昇格したい。

ということで、1位は捨て、3位以内を死守する走りに切り替える。後ろとの距離を気にして走る。

f:id:yuujinn3:20180211133757j:plain

タイム的に3周でレース終了だなと思い、2位を死守したと安堵の気持ちでゴールに戻ってくると、まさかのもう一周。
え…もう走りたくないんだけど…死んじゃう。

ラスト一周はヘロヘロ。
林の中はバイクコントロールミスるわ、
ランはタラタラ、
バイクに飛び乗る足はもうなく普段以上にもたつくし、クリートすらはまらない。

それでもそのまま2位でなんとかゴール!
やったね!!

久々の表彰台!
f:id:yuujinn3:20180211133436j:plain
この大きな大会で表彰台に立てて本当に嬉しい。
兄も昨年このレースで勝っているし、佐野兄弟はお台場と相性がいいのかもしれない。
ま、このレースもう無いけどもね。

ご機嫌でシクロワイアード取り。
f:id:yuujinn3:20180211133538j:plain

兄はいつも激しく応援してくれ、サポートもしてくれるので頼もしい。
f:id:yuujinn3:20180211234513j:plain
周回遅れの選手も声かけてどけてくれる。
「後ろ来るから避けてって言っても避けないから止まれって言ったら、止まっちゃったw」
って、それやりすぎよ兄ちゃん、
おれ追い抜くときに謝ったよ(笑

長文になったのでここまで。

1月27-28日 阿部家お泊り会

昨年からやろうやろうと話していた阿部家お泊り会。
大鳥さんが計画して開催にこぎつけてくれた。


ななさんこと阿部さんの奥さんと、そのお友達のサヤ師が色々作ってくれた。
f:id:yuujinn3:20180202230713j:plain

めっちゃ美味しい!
なんだこのおもてなしは!
竜宮城かよ!時間経つのがあっという間だわ!


サヤ師帰宅後に大鳥さん到着。残念でした。
このあとみんなで何してたかよく覚えてないが、
ひたすら飲んだ。
大鳥さんが深夜にシクロのバーテープを巻き始め、寝たのは夜中3時過ぎ。



翌朝は九時起床。
朝ごはんをいただきスーファミで遊んで、
お昼前からシクロで遊びに海岸へ。

次のシクロのレースはお台場。
それもあって、砂浜を走る練習。
砂地は前輪4:後輪6の割合で体重を乗せて走ると
走りやすいような。
あと砂浜のランは、バイク手押しするよか
担いだほうが絶対に速いね。

f:id:yuujinn3:20180202231254j:plain

阿部ちゃんはMTBで参戦。シクロやろうぜ。
ななちゃん買ったげて。

シクロの練習も砂浜しか走る場所がないと早々に飽きる。
ビーチコしたり落ちてたボールでサッカーしたり。

f:id:yuujinn3:20180202231945j:plain

ビーチコがわからない人はグーグル先生に聞いてみよう。



家に戻ってななさんお手製チャーハンでお昼ごはん。何もせずにお昼ごはんがでてくる幸せ。
阿部ちゃんはもっと感謝すべきや。
亭主関白とかもう古いよ!!


夜ご飯までトランプ。
僕は神経衰弱がとても弱い。
神経が衰弱しまくってる。
大富豪とか結構強いんだけどな。

トランプも対してゲームを知らないので途中から自分でゲームを開発しだす。
4人でやるチーム戦型スピードがなかなか面白かった。


阿部さんが大鳥コーチのもとローラーを始めたので
僕はななさんと二人で晩御飯の支度をば。
新婚気分を体験させてもらう。
楽しいなおいー。どうするよ、おれよ。


明日が誕生日だと話したら、ケーキ作ってくれた。

f:id:yuujinn3:20180202233410j:plain

めっちゃうれしい!しかもおいしい!
幸せすぎて天国かと思った。
阿部家の養子になりたい。


結局夜10時までお邪魔し、
帰りは大鳥さんに車で送って頂いた。
それでも夜中0時着。

ほんとに楽しい2日間だった。
こんなに楽しいことは滅多にないというくらいに。
阿倍さんありがとうございました。
また近いうちに遊びに行かせてください!(^^)/

こんなに良いことがあると、
明日以降悪いことが起きそうで怖いね!

1月23日 雑記

朝、いつも通りに起きる。
だめじゃん、雪なの忘れてたわ。

すぐ準備して車の雪を落とす。
落ちない。凍ってる。

車で行くのは諦め、シクロで会社に行くことにする。
まさかホントにシクロで行くことになるとは。

道路はちょこちょこ渋滞している。
この辺の人はみんなノーマルタイヤだもんね。
でも自転車には渋滞は関係なし。
脇をスイスイと抜けていく。
ボコボコに凍っているのでシクロでも滑らずに走れた。
シクロ通勤楽しいね!

兄は昨晩シクロで遊んだらしい。
あほやん。うらやま。

f:id:yuujinn3:20180123214837j:plain



帰宅後ローラー1時間。
シクロのワールドカップを見つつ。
レース時間が大体一時間なのでちょうどよい。
昨日の疲れか、あまり力が入らなかった。

まあまた明日頑張りましょう。

1月22日 練習

雪がすごい。

f:id:yuujinn3:20180122213202j:plain

帰れないかと思った。
とても千葉の景色とは思えない。

f:id:yuujinn3:20180122213522j:plain

雪道の運転が怖い。
ノーマルタイヤじゃ30キロ以上では走れない。

こんな日はお惣菜に早めに割引シール貼ってるだろうな、と思ってスーパーに行くと予想通り。
刺身とコロッケ購入。



家に帰ってローラー。
今日も20分完走。
後半はパワーメーターがついている左クランクに体重を乗せてこがないと、四倍を超えなかった。
223W 3.98W/kg
11月から1mmも成長していない。
相変わらず同じ数字しか出ない。
びっくりぽんや。

次は224W出す。

ってか右足にパワーメーター付ければ超える気がする。




明日どうやって通勤しよう。
雪かつ凍結だろう。
ノーマルタイヤの車とシクロバイク、どっちで行こう。
ファットバイク持っとくんだったな。