little by little

自転車レース活動のあれこれ。実業団レースはE1、シクロクロスはC3で走ってます。

2019年6月9日 やいた片岡ロードレース

昨日のクリテリウムに続いて、本日はロードレース。
今シーズン5戦目の実業団レース。

やいた片岡ロードレース


6時起床の6時半宿出発。
会場入りは7時頃。


<コース>1周10.7km
コースは昨年と変わらずのメガネ型。
残り7km~5km地点のコリーナ坂がこのコースの勝負どころ。
ここ以外に長い上りはないため、集団の人数を削るために
ここでガッツリ踏んでくるんだろう。
また、メガネで言うブリッジの部分が対面通行となるため、足切りタイムが異常に速い。
今回のレースでは2分半が足切り条件であった。
f:id:yuujinn3:20190614225123p:plain
f:id:yuujinn3:20190614225628p:plain


<アップ>
アップは試走のみ。
コリーナの坂だけちょっと踏んだ。
レースを想像しながら登った。千切れる未来が見えた。


<レース>10:15~ 10.7km×5周
スタートラインに整列した瞬間から小雨が降り出す。
寒くなりそうなのでアームウォーマーをつけた状態でスタートする。
今日こそは前目前目で走る。
集団後方は楽できる部分もあるが、バッとチカラを出せる人じゃないと何かあったときに対応できない。
いまの自分にはそれができない。

1周目のコリーナ坂には30番手くらいで入る。
やっぱ速え。ぎりぎりで付いて行く。
そして雨が本降りになってしまう。タイヤのグリップが効かない。
スタートライン直前の高速90度コーナーがスリップしそうで怖い。

2周目
コリーナ坂へ向かう対面通行部分のゆるい上り坂でもう瀕死。
そして追い打ちをかけられる。
コリーナ坂の入り口で10m前の選手がスリップして落車。
なんとか交わすも、集団と数m差が開いてしまう。
その差を詰めるように踏みつつコリーナ坂を登る。
目の前の中切れはなんとか詰めたが、その更に前の中切れが詰められず集団から遅れてしまう。
下りに入り6名程度で回し集団を追うも、差は縮まらない。
坂を下りきる頃には集団のしっぽさえ見えなくなった。

3周目
集団から千切れてしまえばレースと言えどペース走。
コリーナ坂までは皆で回して淡々と。
そしてコリーナ坂に入ると小集団から少しずつ遅れてしまう。
すると前にチームメイトの醍醐の背中がみえる。
この周回で先頭集団からこぼれてしまったのだろう。
醍醐に追いつくまで辛抱辛抱辛抱…。
なんとか坂の頂上まで小集団から遅れずに耐え、醍醐に追いつくことができた。
チームメイトの存在は偉大だ。

f:id:yuujinn3:20190614234759j:plain

4周目
淡々タンと。
コリーナ坂でペースを上げようとするメンバーがいたが、声をかけてペースを抑えてもらう。
上りのペースを抑えて、下りを皆で全力で踏んだほうが速いと判断した。

5周目
スタートラインを越えたところで先頭から2分35秒遅れ。
まだ足切りにはならなかった。
残りは一周。もう全力で踏むしかない。
背中に痛みを感じるが、我慢して踏み続ける。
しかしそれでも足らず。対面通行部分に入るところで足切り宣告。
本日もDNF。

ABE氏は完走。やるなー。


レース後
運動を止めたら一気に体温が下がり、
寒くてたまらない。歯がカチカチする。


すぐに温泉に行き身体を温めるも、手遅れのようで頭が痛い。
ABE氏に薬を貰い、帰りの車では爆睡させてもらう。
家に着く頃にはだいぶ良くなり、薬のチカラは偉大だなと。
そりゃアームストロングも薬飲んじゃうよな、とか考えつつ眠りにつく。

2019年6月8日 那須塩原クリテリウム

今期3戦目の実業団レース
JBCF 那須塩原クリテリウム


三時起床、三時半に谷脇さんに迎えに来ていただき出発。
那須塩原駅近くの駐車場についたのは6時半。


<コース>
去年一昨年と同様T字型であることは変わりないのだが、
Tの向きが変更された。
一周の長さも、1周に付き3回もダッシュさせられることに変わりはない。
f:id:yuujinn3:20190614212919p:plain


<アップ>
コース試走を5周程度と、レース直前に三本ローラーで15分ほど回す。
三本ローラー中にポツポツと雨が降り出す…。
レースが始まる頃には雨は止んだものの、路面はウェットになってしまった。
クリテで雨とか、もーさいあくー。

<レース>E1 9:45~
集団のケツからスタート。
パッと先頭まで上がってしまおうと、スタート直後から踏んでいく。
が、予想に反して全然前に上がれない。
180度ターンで速度が10キロ弱まで落ちたところからのダッシュがきつい。
そりゃあもう半端なくきつい。
一桁のスピードから時速50キロまでのダッシュ。ほぼスプリントですよ。
シフトアップしていくもギアが足りなくなるほど速い。
ギア足りなくなるほど速いとかどんだけ!と思いつつリアのギアを見ると、
トップまで上がりきってない。7枚目くらいまでしか上がってない。
あれ?でもシフターはこれ以上くりっくできないよ?
あれ?今度はシフター動かなくなっちゃったよ?
しかもさっきは入らなかったトップギアに固定になっちゃったよ?
なんでなんでー???

ワイヤー切れました。整備不良です。
※フリーダムてんちょの整備のせいではなく、お金をケチってワイヤーを変えなかっただけですので、私の責任です。

5周くらいしてレース終了。今シーズン2回目のDNF。
那須まで来といてもったいないことをしてしまった。


レース後に自転車ショップでワイヤーを購入し、ワイヤーを交換。
これで翌日のロードレースも走れる。
えがったえがった。


本日のお宿は喜連川カントリークラブのホテル。
部屋が広い。温泉も付いていて、そしてお安い。5500円!
宿近くの「菜胡野屋」に行くも、人気店のようで入れず。
結局大田原の市街まででて「COPAIN」で夕食。
出てくるのは遅かったが美味しゅうございました。
でも来年こそは「菜胡野屋」に行ってみたいね。

宿帰って風呂入っておやつ食べて
翌日のロードレースに備えてぱっぱと寝る。

2019年5月12日 宇都宮クリテリウム

今シーズン三戦目の実業団レース。

前日のロードレースに続いて、今日はクリテリウム



起床は6時。
朝食はホテルのバイキングで済ませて、すぐに会場へ。
8時過ぎには会場入り。


〈コース〉
昨年からの変更点はなく、相変わらずの簡単なコース。
7箇所あるコーナーのうち、6箇所は90°コーナーで、残り一つは180°ターン。
90°コーナーはそれほど減速しないため立ち上がりのダッシュはキツくないし、10キロ前後まで減速する180°ターンも、立ち上がり後すぐに90°コーナーがあるため急加速することはない。
実業団クリテリウムの中で、最も完走しやすいクリテリウムなのではないだろうか。


〈レース〉
9:50 E1レーススタート
スタート位置は集団中程だったが、すぐに前に上がり最初のコーナーに入るときには前から20番手ほどまで上がれた。
その位置をキープして走りたいのだが、これがなかなか難しかった。
コーナーの立ち上がりでダッシュするとすぐに疲労が溜まってしまうためあまり踏まないようにしてるのだが、この走り方をすると10〜15番手ほど落としてしまう。
それをコーナー立ち上がり後の加速が緩くなった段階で脇からスルスルーっと上がって元の番手まで戻る、というのがいつもの走り方。
しかし立ち上がり後の直進区間での速度が53キロ程度と速かったため、脇から前に上がるのにもかなり強い風を受けて走らなくてはならず、結局脚を使う羽目になってしまった。

f:id:yuujinn3:20190531211226j:plain

一回くらい先頭でゴールラインを通過してやろうとしたのだが、結局二番手までしか上がれなかった。
この時自分の前にいたのはリーダージャージを着たイナーメの選手で、後ろについてニ番手で走るのが精一杯だった。
なんせホントに速いんだもの。
後ろに付いていたって風が強い。
危うく千切れるとこだった。


そんなこんなで8周目には足が辛くなり、ちょっと気を緩めたら集団中程まで下がってしまった。
こうなってしまったら、もうレース最終周に前に上がると決め、集団後方で休むことにした。

しかし9周目、クランク入り口のコーナーで10人程前の選手が落車してしまう。
こーゆー事あるから集団後方は嫌いなんだよ!と思いながら、飛んできたバイクの脇をなんとかすり抜けて巻き添えを回避する。
落車は回避できたが、ここで心が切れてしまった。
もう安全にゴールすればいいや、と。

というわけでラスト一周はほぼ流して、前を行く集団で万が一大きな落車が起きたとしても避けれる十分な距離を確保してゴール。結果は88位。

結構疲れたが、ちょっと心残りのあるレースとなってしまった。
次は安全マージンは確保しつつ、心残りのないレースにしたい。



次戦は那須クリテ、矢板片岡ロードの二連戦。
暑いだろうな。

2019年5月11日 宇都宮ロードレース

今シーズン実業団レース2戦目 宇都宮ロードレース


谷脇さんにピックアップしていただき、8時に出発、宇都宮の会場着は12時過ぎ。

自分のレースは夕方なので
それまで兄の出ているPのレースを観戦する。
兄はここのところ絶好調でレースでも好成績が続いている。
この日は16位。半端ないね。
この調子ならそのうち表彰台乗れちゃうかもね!

f:id:yuujinn3:20190519221011j:plain



E1のレースは午後15時35分から。
レース前、とても体がだるい。暑いし眠い。
普段午前中のレースが多いので、午後のレースというのはいまいちコンディションの整え方がわからない。

コースイン直前に前輪の空気が少ないことに気がつく。
群馬に引き続きまたか…。
Pのレースを終えたばかりの兄にダッシュで空気入れを持ってきて貰うw
助かりました。ありがとうおにい。


レーススタートは集団中程から。
ローリング中の最初の鶴カンの上りで強めに踏んで前まで上がる。
下ってリアルスタート。
速い…。平坦のスピードが速く、簡単には前に上がれない。
それでも萩の坂には15番手ほどで入る。
上りも速い。
ポジションを落としながらも集団内でクリアする。

坂を下りスタート地点までのアップダウンもキツイ。体を小さくして人の後ろについて堪える。


2周目
鶴カンの上りがめちゃ速い。
先頭集団から千切れかけるが、同じく千切れかけた面々とローテを回し、下りきった先の平坦路でなんとか追いつく。

しかしその後の萩の上りが全く踏めず。
あえなく千切れる。
6周のレースで2周目で千切れてしまうとは…。
情けない。


ここからは完走を目指すレース。
千切れたメンバー15名ほどでローテを回し、
上りはペースを上げず、下りと平坦でスピードを上げる。

そしてなんとか完走。



初めてのE1完走となった。
ただE1のペースについていけたのは一周半程度で、その後はほぼマイペースで走っていたようなもの。
この完走に意味はない。
少なくともメイン集団でゴールしなければ、それ以外はE1完走とは言えないと思う。
いやー、ホント情けないわ。


餃子食べて翌日のクリテに備えて早く寝た。

2019年4月27日 東日本ロードクラシック

2019シーズン 実業団レース一戦目
東日本ロードクラシック 群馬CSC

昨年度E2で完走ポイントを稼ぎまくったので、
獲得累計ポイントで昇格し今シーズンはE1で走ります。
実力ではE3レベルである自分が、果たしてE1でどこまで着いていけるか。


谷脇さんに4時過ぎにピックアップしてもらい、途中で家崎さんをピックアップ、途中ちょっと渋滞するも、群馬CSC着8時過ぎ。

思った以上に寒くウェアの選択に悩んだが、
レーススタート時にはだいぶ気温も上がったため、半袖ワンピに冬用長袖インナーで出撃。



E1 は10:50スタート。
軽くローラーでアップして、出走サインし自転車を並べる。真ん中ちょい後ろくらい。
その後コースインする際に前輪に違和感を感じ、タイヤを触ってみると明らかに空気圧が低い。もちろん前後輪とも朝に空気を入れたのだが、スローパンクかと冷や汗。とりあえず空気を入れ直し、なんとも無さそうなのでスタートラインに並ぶ。というか代輪など持ってきていないので、そうする他無かった。
そんなこんなで結局最後尾スタート。


スタートはローリング。
リアルスタートまでに先頭付近まで上がっておきたかったのだが、やはりE1ではそこまで簡単にはいかず。集団中程までは上がれたが、前方に陣取っている人はなかなか隙を作ってくれなかった。


リアルスタート
レース距離が長いからかそんなにペースが上がることもなく。平和。
ちょっとずつ前に上がって、心臓破りでちょっと踏んで最前列まで上がる。
おーこれが憧れのE1 の先頭かー!と、一人楽しむ。
そこからは15~25番の間をキープすることを心掛けて走る。

2周目もペースが上がることもアタックが乱発するようなこともなく、かなり平和。
心臓破りもフロントをインナーに入れて踏まずに回してこなし、下りでアウターに入れ換えて、ガチャンガラガラ…。
何で普段全く落ちないギアがレースだと落ちるんですか、しかも外側にて。
自転車降りずにギアを戻そうと、FDインナーにしてクルクルペダリングしているとどこかに噛み込んでしまい、クランクが回らなくなる。
それでもバイクを降りたくないので、そっと力を入れてなんとかクランクを回すと、とりあえず回るようになりチェーンもギアに乗った。
チェーン落ちする前に集団前方にいたおかげで、集団中程まで位置を落とすのみで済んだ。

3周目に突入すると、チェーンがおかしいと気付く。
クランクは回るのだが、やけに重いし、RDのテンションアームがちゃんと機能せず、チェーンがたるむ。
それでも、ここでバイクを降りてチェーンを確認したりしたら、間違いなく集団には戻れない。それは結果的にはレースを終えることを意味するので、そのまま走る。
リフト坂に入りペダルを踏み込むと、尋常じゃなくペダルが重い。さすがにもう確認するしかないとバイクを降りる。さようなら集団。

バイクを確認すると、リアディレイラーの下のテンションプーリーの歯からチェーンが落ち、プーリーとプーリーケージの間にチェーンが挟まっていた。
こんなことあるのかと思いながらチェーンを直し、再度走り出す。
ここからはもうただの練習。足切りにならずに何周走れるか。できるだけ速く淡々と走る。
しかしその後もチェーン落ちが続く。とめどなく。
4回目にチェーンが落ちたときはもう笑うしかなかった。

f:id:yuujinn3:20190501211910j:plain

5周走ったところで足切り
E1初レースはメカトラに終わった。
メカトラは自己責任だ。仕方ない。
E1でも群馬を2周走れることはわかった。
それ以外は特に収穫はない。



次戦は宇都宮。
完走はしたいところ。
少なくとも群馬以上に収穫があればいいな。
まずは自転車整備しようね。

2019年3月10日 茨城シクロクロス うぐいすの里

今期12戦目のシクロクロス
茨城シクロうぐいすの里。

今シーズン最後のシクロレース。
このレースでなんとしてもC2に昇格したいため、気合いを入れて挑んだ。


5時間睡眠で4時起き。
4時半出発の会場入りは6時半。


本日のコースはこちら
f:id:yuujinn3:20190311004422p:plain


試走
スタート直後は舗装路で上り勾配。
途中から斜度がかなりきつくなり、左に曲がると空転坂と呼ばれる急斜面。スタート直後から脚へだいぶ負荷がかかる。
そこから下り基調のトレイル、そして急斜度の冒険の丘の下りに入る。
これがめちゃ急で、斜度30%くらいあるんじゃなかろうか。
カンチブレーキじゃ全く止まれない。
スラロームをこなし、しばらく進むと今度は上り。
こちらは斜度25%のアスファルトの激坂:さくら坂。
ローギアにしてなんとか登れる。
試走で脚が無くなってしまう…。
この先にちょっとだけトレイル区間があり、ここのコナーにある丸太超えが難しい。
この箇所だけ繰り返し試走したが、結局うまくこなせず。
トレイルを終えたら、温泉坂→プールダウンヒルと舗装路を下る。
テニスコートの外周を回り、階段ダッシュ20段。
グラウンドに出て、芝生をぐるぐる。
これで一周。
さくら坂のような激坂はホント苦手。
入賞する気で来たわけだが、正直かなり諦め気味。



C3スタートは8:30。
スタート直後の舗装路区間は他の人に引いてもらいたいので今回はホールショットは取りに行かない。
斜度が上がり風よけが必要無くなったところで前の選手を抜き、空転坂を超えた時点で3番手。
冒険の丘を出来る限り前で下りたいので、グラベルでもう一人抜いて2位。

冒険の丘の下りは試走とは違ってレースペースで突っ込んでいく。ブレーキは全然効かないので、もう吹っ飛ぶの覚悟の上で。と、案外いける。後輪は滑るものの、スキーみたく滑るものと認識してしまえばコントロールできる。

スラロームは安全に。
そして激坂さくら坂に突入。
まだ一周目とはいえこの斜度はツラい。
それでもまだ集団はバラけておらず、足を緩めるわけには行かない。
心拍もキツイが、この先は下りで休めるので今はガマン。
なんとか一人抜いて、1位で下りへ。
テニスコート、グラウンドと順調にこなし、そのまま先頭で一周回目を終える。


2周回目
本レースは3周回で行うとのアナウンスが聞こえる。よって残りはあと2周。
空転坂、希望の丘と順調に越えるも、後ろはまだまだ近い。
そして苦手な激坂へ。
2周目の時点でもう踏めない。呼吸も限界だ。
いくら酸素吸ったって、踏む筋力が足らん。
登りきったところで、後続1人に抜かれてしまう。
5秒差ほどでなんとか食らいついていき、2周目を終える。


3周目 (最終周回)
前はまだまだ届く距離だ。
呼吸が辛いが前を追う。

f:id:yuujinn3:20190311123524j:plain

前の選手は冒険の丘の下りをリスク回避のためにバイクを担いでランニングで降りていたようだ。
しかし自分は乗車。ミスしない限りは乗車のほうが速い。
下りきったところですぐ後ろまで追いつく。

しかしこの先の鬼門、さくら坂。
もうね、全く踏めない。
何度バイクを降りて押そうかと思ったことか。
しかし路肩で応援してくれる人もいるし、降りるなんてかっこ悪いことはできない。
1位の選手はゴリゴリ踏んでいる。
凄いなと感心しつつ、もう追いつけないなと諦める。
今回のエントリー人数は24人なので、昇格は2位までのはず。
3位に転落しないように丁寧に走ろうと心がける。

と、さくら坂の後半にいた観戦客から、
「昇格は1人だけだよ!前追いつかなきゃ!頑張れ!!」
と声を掛けられる。

え?うそ、まじ?あ、DNSが多くて出走人数20人切ってた?うわーまじかー。上がれないじゃん。うわーー。
(昇格できる人数はクラスタと出走人数によって変わります。C3の場合、10-19人出走時に1人、20-39人出走時に2人、40人以上出走時に3人昇格できます。)
等々考えていたら、試走で何度も練習した区間でミスる。
ほんとシクロはメンタルに左右されるなとつくづく思う。
ゴールまで集中せねば。

後ろとの距離を確認しつつ、転ばないことを最重要項目として安全に走る。
2位を死守してゴール。
シクロでは1年ぶりの表彰台。
やっぱ表彰台はうれしいね。2位でだいぶ悔しいが。

f:id:yuujinn3:20190311004052j:plain

リザルトを確認すると、出走人数は20人だった!
昇格できんじゃん!!
よかったー。

勝利の美酒ならぬ2位のタコライス
f:id:yuujinn3:20190311004154j:plain

これにて今シーズンのシクロレースは終了。
最終レースで昇格できてホントに良かった。
12戦も出た甲斐があった。
来年度からC2で走ります。
目指せC1!

f:id:yuujinn3:20190311004349j:plain

2019年3月3日 千葉シクロクロス

シクロシーズンももう最終盤。
今シーズン11戦目、千葉シクロクロス第二戦。


千葉シクロは近くて良いね。
5時半に起き6時発の7時会場着。
ちょっとだけ雨降ってる…。
昨日の天気予報だと雨は午後からだって言ってたじゃーんウソじゃーん冬の雨とかばかー。


7時半からコース試走。2周。
前回とコースは大体一緒。
難易度が変わるような変更箇所は特になかった。
このコースで一番難しいのは海岸の砂浜区間
1月の第一戦の時よりも砂浜の芝が伸びていて、乗車で行ける区間が長い。ランニングせざる負えないのは15m程。ランニング苦手な身としては非常にありがたい。


C3レーススタートは8:30。
寒いけど薄々ワンピでスタート。
本日も最前列スタート。そしてホールショットもゲット。
なんかみんなあんまホールショット取る気ないっぽい。
まあね、前目でコーナーに入れればいいわけで、1位でも2位でも3位でも良くて、無理して1位を取る必要は無いわけで。
ホールショットってあれか、自己満かもしや。

砂浜に抜けた時点では3番手。
砂浜もうまく走れた、そして一度降りてランニング、そして再乗車、のとこで失敗。前に離されかけ、焦って早く乗ってしまった。走り出そうとしたものの砂が思ったよりも深くて進めず。ここで3人に抜かれ6位に転落してしまった。

その先の林間区間で一人抜き5位。
目の前には立教。プッシュプッシュ‼と煽る。
テクニック無くてごめんなさい!と立教くん。いい子だ。
林を抜け道が広くなったところでいざ抜こうとしたら、ぴゅーと行っちゃった。
おっさんは置いてけぼり。


2周目。
立教君を追うことは諦める。
前は遠いが後ろは近い。
砂浜区間で観客から、次の周で最終周回!と教えてもらう。
え!まじ!?前回4周だったじゃん!!


3周目(最終周)
序盤の丘でイナーメ君に抜かれる。
今日は負けまいと食らいつく。
抜きつ抜かれつしつつ、ゴールまで。
ゴールスプリントでギリギリ差し切った。
レース後に知ったが、イナーメ君は中学生だった。
中学生と争う28歳…。
ほんと、歳取っちゃったな。


結果は6位。
トップより30秒遅れの19分31秒。
シングルは取れたものの、不完全燃焼。
3周は短すぎるでしょ!

f:id:yuujinn3:20190303235944j:plain



次戦が今シーズン最後のシクロとなる。
茨城シクロ。
最後で昇格できないもんかな。