little by little

自転車レース活動のあれこれ。実業団レースはE1、シクロクロスはC3で走ってます。

2019年3月10日 茨城シクロクロス うぐいすの里

今期12戦目のシクロクロス
茨城シクロうぐいすの里。

今シーズン最後のシクロレース。
このレースでなんとしてもC2に昇格したいため、気合いを入れて挑んだ。


5時間睡眠で4時起き。
4時半出発の会場入りは6時半。


本日のコースはこちら
f:id:yuujinn3:20190311004422p:plain


試走
スタート直後は舗装路で上り勾配。
途中から斜度がかなりきつくなり、左に曲がると空転坂と呼ばれる急斜面。スタート直後から脚へだいぶ負荷がかかる。
そこから下り基調のトレイル、そして急斜度の冒険の丘の下りに入る。
これがめちゃ急で、斜度30%くらいあるんじゃなかろうか。
カンチブレーキじゃ全く止まれない。
スラロームをこなし、しばらく進むと今度は上り。
こちらは斜度25%のアスファルトの激坂:さくら坂。
ローギアにしてなんとか登れる。
試走で脚が無くなってしまう…。
この先にちょっとだけトレイル区間があり、ここのコナーにある丸太超えが難しい。
この箇所だけ繰り返し試走したが、結局うまくこなせず。
トレイルを終えたら、温泉坂→プールダウンヒルと舗装路を下る。
テニスコートの外周を回り、階段ダッシュ20段。
グラウンドに出て、芝生をぐるぐる。
これで一周。
さくら坂のような激坂はホント苦手。
入賞する気で来たわけだが、正直かなり諦め気味。



C3スタートは8:30。
スタート直後の舗装路区間は他の人に引いてもらいたいので今回はホールショットは取りに行かない。
斜度が上がり風よけが必要無くなったところで前の選手を抜き、空転坂を超えた時点で3番手。
冒険の丘を出来る限り前で下りたいので、グラベルでもう一人抜いて2位。

冒険の丘の下りは試走とは違ってレースペースで突っ込んでいく。ブレーキは全然効かないので、もう吹っ飛ぶの覚悟の上で。と、案外いける。後輪は滑るものの、スキーみたく滑るものと認識してしまえばコントロールできる。

スラロームは安全に。
そして激坂さくら坂に突入。
まだ一周目とはいえこの斜度はツラい。
それでもまだ集団はバラけておらず、足を緩めるわけには行かない。
心拍もキツイが、この先は下りで休めるので今はガマン。
なんとか一人抜いて、1位で下りへ。
テニスコート、グラウンドと順調にこなし、そのまま先頭で一周回目を終える。


2周回目
本レースは3周回で行うとのアナウンスが聞こえる。よって残りはあと2周。
空転坂、希望の丘と順調に越えるも、後ろはまだまだ近い。
そして苦手な激坂へ。
2周目の時点でもう踏めない。呼吸も限界だ。
いくら酸素吸ったって、踏む筋力が足らん。
登りきったところで、後続1人に抜かれてしまう。
5秒差ほどでなんとか食らいついていき、2周目を終える。


3周目 (最終周回)
前はまだまだ届く距離だ。
呼吸が辛いが前を追う。

f:id:yuujinn3:20190311123524j:plain

前の選手は冒険の丘の下りをリスク回避のためにバイクを担いでランニングで降りていたようだ。
しかし自分は乗車。ミスしない限りは乗車のほうが速い。
下りきったところですぐ後ろまで追いつく。

しかしこの先の鬼門、さくら坂。
もうね、全く踏めない。
何度バイクを降りて押そうかと思ったことか。
しかし路肩で応援してくれる人もいるし、降りるなんてかっこ悪いことはできない。
1位の選手はゴリゴリ踏んでいる。
凄いなと感心しつつ、もう追いつけないなと諦める。
今回のエントリー人数は24人なので、昇格は2位までのはず。
3位に転落しないように丁寧に走ろうと心がける。

と、さくら坂の後半にいた観戦客から、
「昇格は1人だけだよ!前追いつかなきゃ!頑張れ!!」
と声を掛けられる。

え?うそ、まじ?あ、DNSが多くて出走人数20人切ってた?うわーまじかー。上がれないじゃん。うわーー。
(昇格できる人数はクラスタと出走人数によって変わります。C3の場合、10-19人出走時に1人、20-39人出走時に2人、40人以上出走時に3人昇格できます。)
等々考えていたら、試走で何度も練習した区間でミスる。
ほんとシクロはメンタルに左右されるなとつくづく思う。
ゴールまで集中せねば。

後ろとの距離を確認しつつ、転ばないことを最重要項目として安全に走る。
2位を死守してゴール。
シクロでは1年ぶりの表彰台。
やっぱ表彰台はうれしいね。2位でだいぶ悔しいが。

f:id:yuujinn3:20190311004052j:plain

リザルトを確認すると、出走人数は20人だった!
昇格できんじゃん!!
よかったー。

勝利の美酒ならぬ2位のタコライス
f:id:yuujinn3:20190311004154j:plain

これにて今シーズンのシクロレースは終了。
最終レースで昇格できてホントに良かった。
12戦も出た甲斐があった。
来年度からC2で走ります。
目指せC1!

f:id:yuujinn3:20190311004349j:plain

2019年3月3日 千葉シクロクロス

シクロシーズンももう最終盤。
今シーズン11戦目、千葉シクロクロス第二戦。


千葉シクロは近くて良いね。
5時半に起き6時発の7時会場着。
ちょっとだけ雨降ってる…。
昨日の天気予報だと雨は午後からだって言ってたじゃーんウソじゃーん冬の雨とかばかー。


7時半からコース試走。2周。
前回とコースは大体一緒。
難易度が変わるような変更箇所は特になかった。
このコースで一番難しいのは海岸の砂浜区間
1月の第一戦の時よりも砂浜の芝が伸びていて、乗車で行ける区間が長い。ランニングせざる負えないのは15m程。ランニング苦手な身としては非常にありがたい。


C3レーススタートは8:30。
寒いけど薄々ワンピでスタート。
本日も最前列スタート。そしてホールショットもゲット。
なんかみんなあんまホールショット取る気ないっぽい。
まあね、前目でコーナーに入れればいいわけで、1位でも2位でも3位でも良くて、無理して1位を取る必要は無いわけで。
ホールショットってあれか、自己満かもしや。

砂浜に抜けた時点では3番手。
砂浜もうまく走れた、そして一度降りてランニング、そして再乗車、のとこで失敗。前に離されかけ、焦って早く乗ってしまった。走り出そうとしたものの砂が思ったよりも深くて進めず。ここで3人に抜かれ6位に転落してしまった。

その先の林間区間で一人抜き5位。
目の前には立教。プッシュプッシュ‼と煽る。
テクニック無くてごめんなさい!と立教くん。いい子だ。
林を抜け道が広くなったところでいざ抜こうとしたら、ぴゅーと行っちゃった。
おっさんは置いてけぼり。


2周目。
立教君を追うことは諦める。
前は遠いが後ろは近い。
砂浜区間で観客から、次の周で最終周回!と教えてもらう。
え!まじ!?前回4周だったじゃん!!


3周目(最終周)
序盤の丘でイナーメ君に抜かれる。
今日は負けまいと食らいつく。
抜きつ抜かれつしつつ、ゴールまで。
ゴールスプリントでギリギリ差し切った。
レース後に知ったが、イナーメ君は中学生だった。
中学生と争う28歳…。
ほんと、歳取っちゃったな。


結果は6位。
トップより30秒遅れの19分31秒。
シングルは取れたものの、不完全燃焼。
3周は短すぎるでしょ!

f:id:yuujinn3:20190303235944j:plain



次戦が今シーズン最後のシクロとなる。
茨城シクロ。
最後で昇格できないもんかな。

2019年2月17日 湘南シクロクロス

ブログ書くのを忘れていた。
今シーズン10戦目のシクロクロス
湘南シクロクロス第三戦

ついに二桁か。
レースに掛かった費用は考えないようにしよう。


今回もチームメイトの阿部くん参戦。
大磯の実家に前日のうちに帰り、当日朝に阿部くんにピックアップしてもらう。


開成町のレース会場に着いたのは七時。
今日はあまり寒くない。
先週の前橋は極寒だったから寒さになれたかな。


コースはほぼ前回の逆走。
難易度はどっち向きに走ってもほぼ変わらないと思う。


今回の目標は、出来る限り先頭に着いていくこと。
目標とは言えないな。
ただ、いつもレース後半のことを考えると、早々に先頭に付いていくことを諦めてしまう。
C1のレースは1時間あるので、前半で離されたとしても後半で追い上げられる可能性がある。しかしC3のレースは30分しかない。一度離れた前の選手に後半でまた追いつくのはかなり難しい。
どこまでついていけるのか出来る限り試してみようと思う。


C3レーススタートは9時45分。
今回も最前列。
スタートと同時にホールショットを狙ってダッシュする。
一人横に並ぶも、自分がイン側にいたのでコーナーには先に入ることができた。
よって初ホールショット達成!!
テンション上がるー!!!

そのまま1/4周程先頭で走ったが、流石に先頭は疲れるので、後ろの選手に前に出てもらう。
と、1人に抜いてもらうつもりがパパパーッと5人ほどに抜かれてしまう。迂闊だった…。
速度差があり危うく離されそうになるも、なんとかついていく。

そのままの位置をキープしたまま、2周目に入る。
コース序盤のコーナーで目の前で落車。
ブレーキを掛けギリギリのところで人は避けれたが、前との差が開いてしまった。
ペダルを踏み込み前の選手には追い付くも、その前の選手はもうかなり先行していた。
この時点で表彰台は無理だと悟った。

3周目。この時点で5位前後の5人程のパックにいた。
レース後半で追いついてくる人というのは、テクニックがある人が多いと思う。
コーナーでちょっとインを空けてしまうと、その隙間に差し込んでくる。ロードレースだったら、自分は差し込まれた瞬間に引く。差し込んできた相手に対しコースを塞ぐと、お互い落車リスクが高いし、1つのパックの中の何番手にいようとあまり関係ない。
しかしシクロの場合、パックの中だろうとできる限り前にいたい。下手くそな自分にとって、シクロで一人抜くのは容易じゃない。だからコーナーイン側に差し込まれようと譲らない。お互いの肩で押し合うこともしばしば。
まあそれでも最終的には抜かされてしまうことも多いが、だからといって端から順位を明け渡すような事はしない。

4周目
イナーメの長野くん(高校生?)に追いつかれる。
彼はジュニアなので、レーススタートはC3と同時刻でも、最後尾スタート。
大体いつも最終周で追いつかれる。今シーズン、個人的にライバル視している(勝ったことない…)。
コース序盤の長いストレートでピャーッと抜かれ追うことすら諦めそうになるも、思いなおしてフルスプリントで追いかける。
死にそうになりながらもなんとか追いついたが、
死にかけのためコーナーがうまく曲がれない。
焦った結果、芝生で落車してしまう。アーメン。

でもこれで冷静になれた。
残りの芝とキャンバーを丁寧にこなし、前の選手との差を着実に詰め、ゴールスプリントでなんとか1人抜いた。

結果は先頭から35秒遅れの6位。
3,4,5位は三人パックで16秒前にいた。
ミスを減らせば決して詰めれない差ではないと思う。




この日の夜は都内で来週のフリーダムレーシングチームのミーティングに備えての打合せを兼ねて飲み会。
ロードのシーズンもすぐそこだ。
f:id:yuujinn3:20190302112423j:plain


次は千葉シクロ。3月3日(日)8:30〜。
砂浜が苦手だ。ランニングするにしても、乗車でこなすにしても、呼吸が乱れて辛い。
前回1月の千葉シクロは16位。
今回こそはシングル取る。
速い人は昇格してどんどん抜けているし、シングルくらい取らねば。

2019年2月10日 前橋シクロクロス

今シーズン9戦目のシクロクロス
前橋シクロクロス

自宅(千葉県)から前橋はかなり遠いので、
一緒にレースに出る埼玉の兄の家に前泊させてもらう。
スープカレー振る舞って貰って、大満足のまま就寝。

f:id:yuujinn3:20190220224141j:plain



翌朝は4時半起き、5時過ぎ出発。
6時半到着予定のはずが、関越道が雪山に向かう人達で大渋滞…。

到着は遅れに遅れて7時30分。試走終了時間まであと20分。
受付やウエアにゼッケン貼る作業等は兄に任せて自分はすぐに試走に向かう。


コースはスタート→公園内→BMX→トレイル→空き地グルグル→トレイル→ホームストレート、といった感じ。
11月の前橋シクロとは基本的には同じだか、多少の変更がされていた。
前回あった低めのシケインが排除され、公園内のベンチを使用したシケインが追加された点と、コース西側の駐車場の空き地をグルグルする区間のコースライン。
シケインはバイクから降りなければならず疲れるのであまり喜ばしくない変更だ。


アップは試走のみ。二周走れたものの、あまり身体がほぐれた感じはせず。心拍もあまり上げることができなかった。本来であればローラーでアップしたいのだが、道路混んでて着くの遅くなっちゃったんだもの、仕方ないわよね。


レース時の気温は3℃。
寒い。冬の厚手のウエア着たくなるも、兄が許してくれず。しかたなく夏ジャージに冬用アンダーで走ることとする。冷たい兄だわ。


今日の目標はシングルリザルト。
今シーズンももう後少しで終わり。
シーズン序盤にいためたんこ速い方々ももういない。
そろそろ良い順位取らねば。


f:id:yuujinn3:20190220224912j:plain

C3レーススタートは8時20分
最前列からのスタート。
ホールショットを狙うも、撃沈。
それでも最初の階段は3番手で登りきる。
下りきったところで先頭が落車し、二位に浮上。
シケインを超え、BMXコースに入ったところでインをつき1位に!
しかしBMXコースの出口で痛恨の落車…。
3番手に順位を落としてしまう。

その後の空き地グルグルで食らいつくも、狭い芝生コーナーと砂利コーナーで少しずつ離されてしまう。
コーナーが遅いのでストレートで踏むも、その後のコーナー手前のブレーキングが雑になり、余計にタイムロス。

それでも、いま前に追いつくためにできることは、ストレートで踏むことしかない。
息がかなり辛いが、踏める限りは踏む。
苦しくなると余計に雑な走りになり、
ちょっとミスするたびに1人2人と抜かされる。

ただ、抜かれた後は人の後ろに付くことが出来るため、多少休める。まあ抜いてきた人は自分より速い人であるため、そう長く後ろには付いていられないわけで…。

f:id:yuujinn3:20190220225235j:plain

そんなこんなで最終周の最終局面。
現在8位。
自分の5メートル前に1人。
自分の後ろには数珠繋ぎに4人。

このコースの後半の空き地グルグルはコース幅が狭い上に所々砂利があるので、抜きどころは少ない。
丁寧にミスのない走りを心がければ8位を守りきれるかもしれない。
しかし8位を守りきることに意味はない。
ならば7位を目指したい。

ということで、前を必死に追いかける。
少しずつ差を埋めて、なんとか空き地から抜ける最後のコーナーで追いつき、前を抜きに掛かる。
しかしさっきも言ったがこのコースは所々砂利が浮いている。このコーナーはもろに砂利が浮いていた。それは把握してた。なのに変なラインで抜きに行ってしまった。
いや、なんか行ける気がしてつい、ね。

でも行けるわけはなかった。
砂利に前輪を取られスリップ。
開いてしまったインから3人に抜かれてしまい11位。

焦ってしまいその後のトレイル区間でもスリップ。
後ろに追いつかれてしまい、そのままホームストレートでスプリント。
自分はコース右寄り。さらに右側、フェンスとの隙間に後続選手が迫ってくるのを感じ、ラインを塞ぐ。
がしかし、「あれ?スプリントでライン塞ぐのってルール違反だっけ?どうだったっけ?」と思い、思わずラインを開けてしまった。誠実な男なんですよ僕は。
抜かれましたとさ。
12位でフィニッシュ。


最終局面8位で走っていたときに、7位を目指さなければ、8,9位でのゴールはできたと思う。
でもそれを捨ててでも積極的に走れた点は良かったんじゃなかろうか。
ほか?ほかはもうヘッポコピーでしかなかったね。
いつまでC3走ってんだか。
でもどうやろ写真にはヘッポコ具合が写らないようだ。

f:id:yuujinn3:20190220225507j:plain



C1の兄のレースはというと、
レース2周目におれがカフェオレ買ってる間に落車し、ディスクブレーキを曲げてバイク交換。ピットにはおれのバイクが置いてあるもののサポートはおらず、おまけにJCX最終戦であったためサポートの人が多すぎて、バイクがなかなか発見できない間にどんどんタイムを失い、数分遅れでレースに復帰したものの、一位争い中の前田康平と織田聖がかれまたもの凄く速く。
あれよあれよと言う前すぐ後ろまで迫って来てしまったため、自らレースを降りてDoNotFinish.
どんまい。お疲れさま。ごめんよ。カフェオレ美味しかったよ。



次は湘南シクロ。
戦略なし。
せめて暖かくあってほしい。

2019年1月13日 湘南シクロクロス

今シーズン8戦目のシクロクロス
もう8戦も出たのか…

今回は阿部くんがC4デビュー戦。
明け方僕の実家に迎えに来てもらい、一緒に会場に行く。

会場に七時入り。
さっむい。たぶん3℃とか。
それでもシクロはたいしてスピードが出ないので、走り出してさえしまえば温かい。
試走を終える頃には身体から湯気が立っていた。


今日のタイムテーブルは、まず阿部くんのC4のレース、その直後に自分のC3のレース。

C3
阿部くんは初めてのカテゴリーレースなので、残念ながらケツスタート。
それでもさすがフリーダムローラー部部長、インターバル強い。
安定したペースで走り続けていた。

f:id:yuujinn3:20190115231116j:plain

結果は12位/34人中。タイムは28分44秒。
もうちょっとシクロに慣れればシングル取れるね!

優勝はイナーメでプロツアーを走っている高杉さん。
途中から独走だった。タイムは27分04秒。



C3
さて自分のレース。
スタートは最前列。のはずが、コールに遅れて2列目…。
まあ気にしない。
スタートしてすぐの土手沿いのストレートでススっと抜いて、二番手で土手キャンバーに入った。ここまではカンペキ。
しかし土手から降りたあとの河川敷の芝生区間が遅い。
S字がもう…ね。いい加減練習しろよな。
1周目の間に圧倒的に自分より速い方々にバンバン抜かれて10位前後に落ち着く。

f:id:yuujinn3:20190115231245j:plain

2,3周目は多少抜きつ抜かれつはあるものの、順位はほぼ変わらなかったと思う。

問題は4周目。
3周目に頑張りすぎたせいか、腹筋と背筋が痛くなる。
阿部くんの奥さんの友達が見に来てたからって張り切りすぎた。
ちょっと休みたいが、自分の真後ろには5人ほどくっついているから休むわけには行かない。
で無理して走っているとやはりコーナーでミスが出てバババッと抜かれてしまった。

f:id:yuujinn3:20190115231448j:plain

抜かれてしまったことで気持ちが切れた。
その後もポロポロポロポロポロポロ抜かれてしまって、
結果は19位34人中。27分18秒。
割とマジでシングル狙ってたのだが…。
甘くないね。

ちなみにこのタイムでも、C4だったら高杉さんに次ぐ2位なんです。
だから何だってわけではないけども。
C3みんな速くて辛い、ってただそれだけ。



次のシクロはまだ未定。
1/27茨城か、2/10前橋か。
茨城は出たことないから出たいなー。

2019年1月6日 千葉シクロクロス

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。


新年一発目のレース
千葉シクロクロス

本日の最高気温は8℃と寒い。
昨日が15℃もあったので、余計に寒く感じる。


C3のレースは9:15〜。
今回も最前列からスタート。
もちろんホールショットを狙って全力ダッシュするも、後ちょっとのとこで今日も二番手…。
スタート直後の丘で一人抜かれるも、海岸に出るまでは三番手をキープできた。

しかし砂浜がくっそ下手。
パワーが足りないのもあるだろうけど、多分それよりもテクがない。
ペダルに体重を載せるタイミングなのか、前後の体重配分なのか…。もっとダンシングを多様したほうが良いような気もする。わからんちん。
浜辺区間でバンバン抜かれて10位まで番手を落としてしまう。


二周目に入り後ろを振り返ると、まだまだ集団は団子状態。
後ろ見てたら抜かれた←あほ

砂浜をランニングすると心拍が一気に上がってしまうので出来るだけ乗車でこなしたい。しかしうまく走れるたら走れたで前の選手に近づきすぎて接触しそうになったりと、結局降りるしかなくなったり。
砂浜を乗車でこなすことしか頭になく、前が見れてない。
結局砂浜でまたもや3人ほどに抜かれてまう。

f:id:yuujinn3:20190106221315j:plain

3,4周目も変わらず。
砂浜以外では多少抜きつ抜かれつはあるものの、順位を落とすことはほぼない。
しかし砂浜セクションが壊滅的…。
3月の千葉シクロ第二戦までになんとかしなくては。
最終周の砂浜はもう酷いもんで、心拍上がりきっちゃってヘロヘロ。


結果は16位/63人中。
シングル目指してたんだが、達成できず。
次こそは。



来週は湘南シクロ。
前日飲み会のため、シングルを目指すのは無謀だろう。目指せ25位以内!
阿部くんが初めてC4で走るので、その応援を頑張ります。

2018年12月15,16日 宇都宮シクロクロス

今シーズン6戦目のシクロクロス

宇都宮シクロクロス
15日は自分のC3のレース
16日は阿部くんと1時間エンデューロ

もう二週間も経ってしまってよく覚えていないが、
覚えている範囲で書いておく。


会場は宇都宮ロマンチック村という大きな道の駅併設の公園。
コースは平坦部はほぼ芝生で、高さ10メートル程の山の斜面を登らされたり、トレイルあったり、15メートル程砂区間が作られていたりと、盛りだくさん。

朝会場入りし、7時半から試走。この時点で気温は2℃とメチャ寒。
試走一周目、タイル地のヘアピンコーナーで滑って落車してしまう。自分が立ち上がったところにさらに後続の選手も滑って突っ込んでくる。落車ポイントらしい。
大会スタッフがコーナーに立って「グリップさせてゆっくりー!」と言ってくれていたが、それはコーナーよりもっと手前で言ってちょうだいな。コーナーで教えてくれても間に合わんて。

左ケツが痛く、その後の試走は踏まずにコースを確認して終わり。


レース
C3のレースは2時スタート。
コールは6番目で今シーズン初の最前列。
今日の目標は、レース序盤からケチらずに踏んでいくこと。最終的に15番以内でゴールできればまあいいかな。

スタート
ホールショットを狙いに行くも、スタートで出遅れて、結果2番手でコーナーへ。惜しかった。
まあしかし、その後は後続にどんどん抜かれていく…。みんなよくそんなダッシュできるね…。
あと自分のコーナーが下手すぎる。芝が滑りそうでスピードを落としすぎてしまう。練習したいが、練習場所がない。世の(特に千葉の)シクロクロッサーはどこで練習してるんだろ。

ケチらずに踏んでいくが、コーナーで離されてしまうため踏んでも追いつけない。前に追いつくことばかり考えてるとコーナーでミスして後続に抜かれてしまう。コーナーを丁寧に走ると今度は前が遠ざかっていく。そのうちに踏む力も尽きてきて、バンバン抜かれてしまう…。

とりあえず最後まで頑張れるだけ頑張って終了。

結果は15位。
まあとりあえずは目標順位内だが、最前列スタートしておいて15位というのはかなり不甲斐ない。
目標設定が緩すぎた。自分がかわいくてつい甘やかしちゃう。


一日目はこれで終了。
温泉入ってから大学時代の友人と合流して、餃子食べてから居酒屋で日本酒飲んでたらふく美味しいもの食べて、漫画喫茶にお泊り。
宿代ケチった。



2日目

朝5時半に漫画喫茶にて起床。
漫画喫茶って個室にはなってるけど、
天井抜けてるから目覚ましかけられないのね。
寝る間際にそれに気づいて、スマホのアラームをかけてスマホに繋いだヘッドホンをして寝たが、とても寝づらかった。
寝坊を恐れて一時間おきに起きてしまったため、あまり寝れなかった。
シャワー浴びてから退店。

朝ごはんはすき家
てか宇都宮の朝めっちゃ寒い。
この日は-3℃だった。

会場入りは七時。
阿部夫婦と合流して、シクロ初体験の阿部くんに軽く講習。乗り方降り方担ぎ方等。
んで七時半から試走を2周。
阿部くんもエンデューロなら問題なく走れそう。

1時間のエンデューロ、一周10分程度なので一周交代で3回の全力インターバルにしてみた。

レース内容については特に書くことがないので割愛。
印象に残ってるのは、阿部くんの初心者感がすごかったことくらい。
f:id:yuujinn3:20181231162805j:plain


結果は8位だった。
まあそんなもんでしょう。

あとからサイコンで周回タイムを確認すると
自分と阿部くんでほぼ同じくらいだった。
阿部くん下手っぴだけど、フィジカルはさすが。




UCIのメンズエリートの海外からの出場メンバーはかなり豪華で、オーストラリアとフランスのナショナルチャンピオンと、スペインの去年のナショナルチャンピオン。
よく宇都宮くんだりまで来てくれたな。

f:id:yuujinn3:20181231160620j:plain

自分がうまく走れなかったとこで観戦してみたが、
みんななんの苦もなく走りすぎていく。
ライン取りやバランスの取り方とか、見ててとても勉強になる。

f:id:yuujinn3:20181231161457j:plain

前田公平とオーストラリアチャンピオンがずっと3位争いをしていた。惜しくも前田公平は4位となってしまったが、最後までワクワクさせてもらった。



次は1月6日の千葉シクロ。
寒そう。