3月17日 JBCF 修善寺 Day.1

実業団レース今シーズン一戦目 修善寺

今シーズンもE2で走ります。
E2三年目。いい加減上がらないと…。


実業団レースの会場は遠い。
よって朝は早い。
というか、もはや朝ではない。真夜中である。

前日20時半には寝たものの、22時半に目が覚めてしまい、その後寝付けず。
結局2時間睡眠でレースに向かう事になってしまった。早寝の意味なし。

自宅近くで凪と合流し、フリーダムに向かう道中でニシをピックアップ。
ミヤを拾うためにフリーダムに行くと、なんとお店がまだ開いていた。
夜中三時半なのに。
しかも大鳥さんおるやんけ。

大鳥さんが修善寺に応援に来てくれるということなので、5人で修善寺に向かう。
修善寺到着は六時半頃。

ライセンスコントロールと監督会議は大鳥さんにお願いし、
E1の醍醐、ニシ、E2アベくんと一緒に試走に向かう。

今回のコースは修善寺の8キロコースの逆周り(右回り)。
秀峰亭近くから脇に逸れる道があり、ひたすら山の中を走らされ、再び秀峰亭に戻ってくる。
この区間が約3キロあり、後は通常の5キロコースを回れば8キロコースとなる。

わかってはいたが、修善寺のコースはひたすら辛い。
上りと下りしかなく、その上りも惰性で登れるような坂は皆無。
下りも踏める箇所が多いため、一切休ませて貰えない。
どSなコース。
私はドMじゃないので、こーいうコースは大嫌い。
試走ですらチームメイトに千切られるし、
なんでエントリーしてしまったのかと、走る前から後悔する。

試走を終え、車に戻って仮眠する。
さすがに2時間睡眠は眠すぎる。
1時間ほど仮眠し、たらたら準備をしていたらどんどんと時間が過ぎていく。
結局アップは10分ほどしかできなかった。
まあアップなんてもんは、心拍さえ一度上げることができれば良いと思っているので問題なし。


レーススタートは10時15分。スタート方式はローリングスタート
スタート位置は真ん中よりやや後ろくらいだったが、ホームストレートでアベくんと二人で左から上がって先頭付近まで。
アベくんが先頭より20人くらいの位置で前に上がるのをやめたので、先頭まで行こうと声を掛ける。
素直なアベくんは言われたままに先頭へ。
指示した自分は力及ばず前から3列目。カッコ悪。

8キロコース用に追加された3キロ部分は2つ登りがある。
どちらも非常にきつい上り。
1つ目は番手を落としながらもなんとか集団中盤でクリア。
下りで集団前方まで上がり、2つ目の上りに突入したところでリアルスタート。
すると、ペースがいっきに上がり、集団について行けず…
リアルスタートと共にグルペットとは。
なんて日だ。びっくりぽんや。

あとは前から千切れてくる人を吸収しつつ4周回走って、ゴール。
43位/92人中 1:07:18 07:21遅れ Ave.28.52km/h

f:id:yuujinn3:20180321000710j:plain

正直に言えば、全力で走れば1周回は先頭集団で走れたと思う。
しかしそうすると完走が厳しくなるし、次の日のレースにも響いてしまうな…
と弱気な考えが勝ってしまった。

その結果1日目は完走はできたものの、レースとは言えない内容となってしまった。
全力で走ったら完走が厳しかっただろうが、得るものはあったと思う。
しかしポイントを貯めるのも大事なので、今回の選択は間違ってなかったと思いたい。



お昼ご飯は海まで下だって海鮮をいただく。あら煮うまし。
f:id:yuujinn3:20180321002953j:plain

CSCに戻り、PとE3の応援。
今年加入したメンバーはなかなかに速い。
すぐE2に上がってきてくれることだろう。
そしてあっという間にE1に行ってしまうんだろうな…。


レース後
イナーメ行きつけの台湾料理屋で晩御飯を食べ、
宿でヒガシの誕生日祝いにケーキを食わせ、
露天風呂入って、23時頃に就寝。
寝付きがかなり悪い自分でも、前夜2時間睡眠のこの日は電気を消した1分後には寝れた。

いつもこれくらい寝付きが良くありたいもんだ。
毎日2時間睡眠にしようかな。