2018年5月13日 JBCF 宇都宮ロードレース

明け方、宿泊してる宿にて。
寝ていると、蛙の鳴き声が聞こえてきた。
グエエエエエっと。割と近くから。
やばい!カエルが部屋に入ってきちゃった!と思わず目が覚める。
そしたらば、また、グエエエエエ、と。
隣のベッドから。
ダイゴが歯ぎしりしてた。
カエルの正体はダイゴでしたとさ。
ちなみに部屋は7階だった。
安心して二度寝

f:id:yuujinn3:20180524185744j:plain

次に目が覚めたらば6時過ぎ。
安定の寝坊。
しかしダイゴまでも寝坊するとは予想外だった。
ホテルの朝食バイキングを食べてから会場へ。


7時半頃に会場入り。今にも雨が振りそうな曇り空。
試走を2周。コースは1周6.7km。
1周目は上りだけちょっと踏んで。2周目は終始まったりと。
鶴カンの下りがちょっと危ない。
まっすぐ下だった先の左コーナーがほぼ直角で、ちゃんと減速しないと厳しい。
上りは思ってたより大したことなかった。

朝一のレースはE3。
佐々木、5位おめでとう。
あとちょっとだね。
f:id:yuujinn3:20180524190737j:plain

少しだけ応援し、アップのためローラー。
今日は3本ローラーで。
昨日の疲れでちょっと足がだるいので、くるくる回す。
最後に30秒ダッシュを5本やっておしまい。



E2のレースは10:50から。
6.7km×4周のレース。
今日もローリングの間に先頭に上がり、先導バイクの真後ろを走る。
鶴カンを下り、選手駐車場に向かう一本道に出てからリアルスタート。

萩の道への上り、どれくらいのペースで登るのかとヒヤヒヤしたが、
まあついて行けないペースではない。
下ってV字に右折した後の、ゆるい上りが案外辛い。

f:id:yuujinn3:20180524190447j:plain

2周目に入った直後の鶴カンの上り、登頂まであとちょっとの所が辛い。
萩の道への上りも、辛いがまだ耐えられる。

f:id:yuujinn3:20180524190600j:plain

3周目の鶴カンの上りで千切れかけるが、下りでドッキング。
萩の道への上りはなんとか集団のケツでクリア。
下だった後のゆるい上りで、もう限界。
出し惜しみしない、出し切る。出し切る。ダシキル。ダシキル…。
と唱えながら、ギリギリでくっつく。
しかし、もう限界のため、集団前方に上がれない。
前方に上がれないまま鶴カンの上りを迎えてしまい、そのまま上りで遅れてしまった。
下りで踏んで前を追うも、もう集団は遠い。
下だった先の左コーナーに突っ込みすぎて池ポチャするとこだった。

共に集団から遅れてしまった4人で前を追う。
ほぼ自分が先頭固定であった。
一度ローテしたが、自分で追ったほうが速かった。
他の人は前を追う気はなかったのかもしれない。

萩の道への上りは途中まで自分が引き、自分が牽いてもらう。
その後のゴールまでの緩いアップダウンはもう足が売り切れでツキ位置に。

ラスト折角なのでゴールスプリント。いざという時の練習も兼ねて。
結果はギアを重くしすぎて踏めず、失敗に終わった。
ギアの選択難しいわー。

34位でした。



今日のレースは兄のレースピ50mmで走った。
昨日のレースで自前のレースピ35前輪をダメにしてしまい、てんちょにBORA35を借りた。
しかしてんちょのタイヤが結構限界近かったのと、他人のホイールをレースでつ使うのはちょっと怖かったため、
急遽兄のホイールを借りることにした。
身内のホイールなら壊しても、まあ、なんとかなるから。きっと。

レーシングライトとレーシングスピード35を所有し、今回レーシングスピードを使用したわけだが、
違いがあまりわからない。
ちょっと軽いかなーとか、ちょっと重いかなーとか。
ちょっと登りやすいかなーとか、ちょっと平坦速いかもーとか。
その程度。踏み心地はどれも似たようなもん。
自分は鈍感野郎でした。
おかげで急遽使ったレースピでも違和感なく走れてよかった。


Pの応援して。
f:id:yuujinn3:20180524190821j:plain

E1の応援して。
f:id:yuujinn3:20180524190859j:plain

急いで温泉行って。
餃子食べて帰宅。

E1のレースが終わるまで付き合ってくれたあべくん、ななちゃん、ありがとう。
ななちゃんが撮ったこの写真がなんか好き。
f:id:yuujinn3:20180524191046j:plain


次のレースは那須
ロードで先頭集団でゴールしたい。
目指せ15位以内。