アルミリムのブレーキ面の磨き

先日のバニーホップ練の際にパンクしてしまった後輪。
パンク修理でタイヤを外したので、ついでにブレーキ面の掃除をば。


マビックからブレーキ面のクリーナ(通称マビック消しゴム)が販売されているが、
ちょっとお高いし大き過ぎるので、100均の錆取り消しゴムで代用。
使ったのは240番。
(240番よりもうちょっと細目のもののほうがなお良かったかも)
f:id:yuujinn3:20181107130038j:plain

ブレーキ面にパーツクリーナー(bc-2)を吹き掛け、
パーツクリーナーが揮発しないうちに消しゴムで円周方向に擦る。
するとブレーキ面の汚れと消しカスが浮き上がってくるので、
パーツクリーナーと共にウエスで拭き取る。

150mmづつくらいやればパーツクリーナーが揮発しないうちに作業できる。
パーツクリーナーが乾いてしまうと汚れが落ちづらかった。

テレビを見つつ作業して、片面30分、両面で一時間弱だったかな。


右が磨いていない前輪、左が磨いた後輪。
ピッカピカ。満足。
f:id:yuujinn3:20181107125823j:plain

磨いてから実走していないため、ブレーキの効きの変化についてはわからないが
きっと良くなってるはず。なっててほしい。

前輪もやろう。