2018年4月28日 JBCF 群馬CSC

23時寝の3時起き。
4時間睡眠。さすがに眠い。

4時に谷脇さんにピックアップしてもらい、
続いてニシ、蒲山さんもピックアップして群馬に向かう。
群馬CSC着は8:15とほぼ予定通り。



自分のレースは昼過ぎなのでとても暇。
チームメイトを応援して時間が経つのを待つ。

f:id:yuujinn3:20180502193033j:plain

E3のレースは実力差がかなりあるようで、先頭集団がみるみる絞られていく。ここに残れる赤峰、佐々木はどこかで自動昇格できるだろうな。
E1のレースは外から見ていてもわかるような地獄で
昇格したくなくなるね。


アップは三本ローラーで。
乗り始めてすぐに後悔した。
日中のカンカン照りの中、ローラーでアップとかするほうが馬鹿だった。
暑くて10分でやめ。


自分のレースは13:40から。
6キロコースを5周の計30キロのレース。

スタートは3列目くらいから。
ローリングスタートの間に先頭まで上がり、COMカーの後ろにつける。
先頭にいるのが一番スピードの上げ下げが少なくて楽だから。


リアルスタート後はアタックが掛かり、ちょっとした逃げができては吸収しての繰り返し。だった気がする。なんかもう忘れた。
レース展開については蒲山さんが書いてくれるだろうから、そちらをご参照下さい↓
http://kbkbkb.hatenablog.com/entry/2018/04/30/004928

群馬CSCの辛いポイントは、リフト坂と心臓破りのみ。
リフト坂は番手を落とさずクリアできるが、
心臓破りは周回を重ねるごとに辛くなっていく。
心臓破りからホームストレートまでの下りとコーナーはさほどペースが上がらないので、
この間に集団中程まで戻り、ホームストレート後の下りで先頭復帰、の繰り返し。

5周目に入り、このまま行けば先頭集団の前目でゴール、うまく行けば15番手以内に入れるかなー、と考えながら、最後の心臓破りに突入。
登り始め踏み始めると、力が入らない。
全く踏めずごぼう抜きにされ、集団後方にいた家崎さんに
「こんなところにいちゃだめでしょー」
と言われつつ抜かれて終了。

ここから頑張る意味は全くなく、
翌日もレースがあるため疲れたくもないので、ゴールまで流しておしまい。

55位/102名


坂、つらい。
4月となり暖かくなってきたので
寒くて乗る気にならない、という練習おさぼりの言い訳ができなくなってしまった。
練習しましょうね。


群馬の宿は、遠征の中で一番宿飯の質が高い。
ちょい高いけど、こーいうご飯たまには食べたくなる。
f:id:yuujinn3:20180502192037j:plain

チーム員で合宿して旅館泊まって盛大に宴会とかやってみたい。


明日は少しでも蒲山さんのサポートができればいいな。
ま、たぶん先にちぎれちゃうと思うが。